イビデングリーンテックとは?

人と自然が共生する調和のとれた地球環境を創造する企業 人と自然が共生する調和のとれた地球環境を創造する企業

「緑(樹木)」に注目した“グリーンビジネス”

当社は「環境」を主眼に置き「安全」と「品質」を追求した、グリーンビジネスのリーディングカンパニーです。
独自工法の開発による付加価値の向上にも積極的に取組んでいます。

人と地球環境にやさしい「緑」を創出することから、社会資本を形成し、私たちが住む街を豊かにすることで社会に貢献しています。

イビデングリーンテック
イビデングリーンテック

人と地球環境を大切にする“イビデングループ企業”

1959年3月に設立した当社は、イビデンの複合肥料事業で培った土壌改良技術を活かし、土木事業を開始しました。
1998年には事業基盤の強化を図るためイビデン工業が三井不動産グリーンテックと合併し、環境や緑化に加え、インフラ整備、防災、地域のまちづくりの事業を展開しています。
法面事業・造園事業・建設事業3つの事業を柱として運営しているのが特徴です。
イビデン株式会社の100%子会社、イビデングループ企業です。
イビデングループ企業

グリーンビジネス3つの事業

3つの事業 3つの事業

「緑化=グリーンビジネス」を事業の柱として、
主に「法面事業」、「造園事業」、「建設事業」の3事業を展開しています。

防災、減災、地域の自然環境を守る

法面事業

法面事業は「法面=のりめん」と呼ばれる人工斜面を保護、安定化させる仕事です。道路やダム、宅地の建設時など、法面ができる機会は多くあります。
当社が独自開発した「GTフレーム工法」は、土砂災害を防ぐとともに、法面の全面緑化まで行うことができる国土交通省に認められた技術工法です。

法面事業について

都会の真ん中に緑を創る

造園事業

造園事業は公園・緑地等の工事に加え、屋上緑化、壁面緑化といった工事を行っています。六本木ヒルズ、東京ミッドタウン、愛知万博、羽田空港など当社の技術と思いが生きています。
「つくって終わり」ではなく、生きている植物を常に元気にする仕事も非常に大切な業務となっています。

造園事業について
指定管理事業

岐阜県から委託を受け、2つの公園を管理しています。

養老公園
養老公園
© 1997 Estate of Madeline Gins.
Reproduced with permission of the Estste of Madeline Gins.
花フェスタ記念公園
花フェスタ記念公園

設計から施工まで幅広い分野で拡大

建設事業

建設事業は寮、工場、発電所などの建築工事から、工場内の空調、機械設備や配管工事などを行っています。
幅広い分野で、設計段階から施工まで請負い、完成させることができます。
イビデンの工場設立から工場、学校、老健施設等の建築、改修工事や、商業施設での空調等の設備工事、太陽光パネル設置工事などを行っています。

建設事業について

安全第一の施工管理

法面事業本部

法面事業本部

造園事業本部

造園事業本部

建設事業部

建設事業部

企画管理本部

企画管理本部

当社の仕事は、全てにおいて安全第一を最優先した現場の管理・監督です。
主に「法面事業」、「造園事業」、「建設事業」の3事業と企業経営や各部門の活動を支える企画管理本部で構成されています。

施工管理

工事を適正に実施するため、安全管理、施工計画の作成、工程管理、品質管理、原価管理その他の技術上の管理及び施工に従事する者の技術上の指導監督を行います。

施工管理の仕事

施工管理の仕事施工管理の仕事

工事の内容は職種によって異なりますが、「安全」「工期」「品質」「コスト」を守れるよう、各項目の管理をしていくことは共通しています。

施工管理は安全第一で仕事を進めるためにコミュニケーションをとることがとても大切です。 作業員の安全を守ることやより良いものを作り上げるために小さいことでも工夫できないか考え、仲間と協力しあいプロセスを大切にすることが仕事を着実に進めていきます。
例えば、発注者と打ち合わせをして聞いた内容をよく理解して、作業員の方々にわかりやすく伝えることが、仕事の中心と言えるくらい重要です。