イビデングリーンテック株式会社


営業案内【法面】防災技術
ホーム営業案内 [法 面]防災技術GTF受圧板工法 概要

GTF受圧板工法

GTフレーム工法+地山補強土併用によるのり面保護工

全面緑化が可能なGTフレーム工法と、地山補強土工(ロックボルト工)に対応するGTフレーム専用の「GTF受圧板」を組み合わせて補強する新しいのり面保護工です。


図を拡大


図を拡大
NETIS登録 ► CB-150011-A

【特徴】

●補強性能

GTF受圧板は、GTフレームのり枠の交点部に配置され、のり枠内で一体的に固定する構造となるため、のり面の表層保護とともに、GTF受圧板による地山補強土工により、小〜中規模の崩壊対策として有効に機能します。
●美観・景観性の向上

GTF受圧板は、高強度で広い開口部をもつため、植物の生育に支障とならず、全面緑化が可能となり、美観・景観性が向上します。
●施工性の向上、低コスト

使用部材は、軽量・コンパクトで取り扱いしやすく、施工性に優れるとともに、低コストとなります。

【適用範囲】

    ※特に適用の効果が高い現場
  • 全面緑化による景観保全を重視する現場
  • 急傾斜地等の狭所で材料運搬などの作業が制限される現場
  • 早急なのり面・斜面対策が必要とされ、工期短縮が要求される現場