イビデングリーンテック株式会社


営業案内【法面】防災技術
ホーム営業案内 [法 面]防災技術GTフレーム工法 概要

GTフレーム工法 建設技術審査証明 建技審証第0902号 | NETIS登録 CB-070019-V 『平成27年度 準推奨技術』

全面緑化できる新しい吹付のり枠工

GTFM 「GTフレーム工法」は、鉄筋やモルタル(コンクリート)を使用した従来ののり枠工とは違い、のり枠材に補強盛土工法などで用いられるジオシンセティックス(ジオグリッド、短繊維)を用いた新しい吹付のり枠工法です。

全面緑化による景観保全やCO2排出量および現場廃棄物を大幅に削減するなど、さまざまな面から環境負荷の低減に貢献します。
さらに、ねばり強くのり面・斜面を守るとともに、施工が容易で、工期が大幅に短縮でき、かつ経済性に優れたのり面表層保護工です。

建設技術審査証明  建技審証 第0902号
NETIS登録  CB-070019-V
『平成27年度 準推奨技術(新技術活用システム検討会議(国土交通省))』
『設計比較対象技術』

【適用範囲】


のり面・斜面における表層部の侵食防止
生育基盤の安定および生育環境の整備
のり面・斜面における小規模な表層すべりの抑制
(すべり深さ0.5〜1.5m程度、
 すべり長さ4.0m程度まで)
のり面勾配  1:0.5〜1:2.0程度
(安定したのり面勾配とする)
対象土質
砂質土、粘性土、礫混じり土、軟岩

【特に適用の効果が高い現場】

全面緑化による景観保全を重視する現場
急傾斜地等の狭所で材料運搬などの作業が
制限される現場
早急なのり面・斜面対策が必要とされ、工期短縮が
要求される現場