イビデングリーンテック株式会社


営業案内【法面】法面緑化技術
ホーム営業案内 [法 面]法面緑化技術樹のチップ緑化工法 詳細

樹のチップ緑化工法

【工法の特長】
伐採チップのリサイクル材で、環境への負荷を低減した緑化を実現!

木質系廃棄物(伐採木・伐根など)を有効利用します

現地で発生する伐採木・伐根などの木質系廃棄物を廃棄・焼却することなく、チップ化したものを、廃棄・焼却することなく、植物の生育基盤材として有効利用します。

堆肥化せず、そのまま利用できます


緑繕改良土(30リットル/袋)

破砕したチップ材は、堆肥化過程を経ることなく、生育基盤材としてそのまま利用できます。


生育障害への対応策も万全

生育基盤改良材「緑繕改良土」を破砕したチップに混合することで、植物の生育初期における窒素飢餓による生育障害を回避します。

コスト低減効果も期待できます

現地で発生する木質系チップを使用するため材料費の削減となります。

大口径の吹付ホースで効率的に施工


緑繕改良土
(30リットル/袋)

直径3インチの大口径吹付ホースを使用するため、安全でスムーズな吹付作業が可能。材料による閉塞の心配もありません。


【施工フロー】

本工法は、破砕されて現場に搬入された木質チップをのり面に吹付けるものです。

<別途検討> ※伐採・除根工、運搬工、破砕工、(ふるい工)、現場搬入工については、現場ごとに伐採量、破砕ヤードの確保等の条件が異なるため、現場条件毎に積算をする

破砕状況

プラント設置状況